すき焼きレシピ・すき焼きの作り方はたれが決め手!

すき焼きレシピ・すき焼きの作り方はたれが決め手!

すき焼きレシピ

<材料 ( 4 人分 )>
関西風だけど関東の人もイケルすき焼き
牛肉(薄切り・すき焼き用)・600〜700g
糸コンニャク・大1袋
焼き豆腐・1丁
玉ネギ・1個
白ネギ・2本
青ネギ1本
菊菜1わ
エノキ・1袋
シイタケ・4枚
うどん・1〜2玉またはご飯

 

<調味料>
酒・適量
しょうゆ・適量
七味唐辛子・少々
卵・4〜8個
牛脂・適量

 

<下準備>
牛肉は半分の長さに切り、食べる直前まで冷やしておく。
糸コンニャクはたっぷりの熱湯でサッとゆでてザルに上げる。
粗熱が取れたら食べやすい長さにザク切りにする。
焼き豆腐は8等分に切る。
玉ネギは皮をむいて縦半分に切り、更に横1cm幅に切る。
白ネギ、青ネギは1cm幅の斜め切りにする。
菊菜は根元からちぎり、長さを揃えておく。
エノキは袋ごと根元を切り落とし、袋に直接水を入れて軽くもむ様に洗い、水気を切って小分けにする。

 

生シイタケは石づきを落とし、固く絞ったぬれ布巾で汚れを拭き取り、傘に飾り切りをする。(大きい物は半分に削ぎ切りにする)
麩は水でもどして水気を絞る。

 

<作り方>
1.すき焼き鍋(鉄鍋)を火にかけ、牛脂を入れて脂をなじませる。最初に牛肉を人数分広げて入れ、手早く砂糖、酒、しょうゆ、七味唐辛子を適量加えて焼きます。
2.肉を返して焼き色が付いたら、各自のとり鉢に入れ、溶き卵をつけていただく。
3.次に玉ねぎ、やねぎを加えて残りのお肉も入れ、他の具を加えて、お好みで味をみながら<調味料>を加える。
4.煮えた物から順に溶き卵をつけていただくか、全体が煮えるまで待っていただく。
5.具を食べてしまったあとの締めとして、水で少し煮汁を薄めて、うどん玉またはご飯を加え煮込んで取り分ける(ご飯のときはとき卵を加えておじやにする)。

 

<ポイント!>
すき焼きには水を使わず、水分がほしいときはすべてお酒にすること!
先に焼いた、甘辛く焼いたお肉は、初めの1回きりの美味しさなので、是非やってみましょう!

 




すき焼きに松阪牛お取り寄せ